1/21(日)中京11R・東海S(G2・ダート1800)展望

2018年1月17日

1/21(日)中京11R・東海S(G2・ダート1800)

13:36.0-36.8-38.2=1'51"0
 1着(15)グレープブランデー9-8-8-7(37.3)57
 2着(9)ナムラタイタン2-2-2-2(38.5/0.5)56
 3着(6)ホッコータルマエ6-6-5-4(38.2/0.6)55
14:36.2-36.3-37.9=1'50"4
 1着(14)ニホンピロアワーズ5-6-4-4(37.5)57
 2着(12)グランドシチー11-11-9-6(37.3/0.3)56
 3着(3)マイネルバイカ8-6-8-9(37.8/0.7)56
15:36.7-36.7-37.5=1'50"9
 1着(6)コパノリッキー2-2-2-1(37.5)58
 2着(13)グランドシチー12-12-10-8(37.5/0.7)56
 3着(4)インカンテーション14-14-14-13(36.7/0.7)56
16:37.8-37.3-36.8=1'51"9
 1着(6)アスカノロマン2-2-2-2(36.7)56
 2着(10)モンドクラッセ1-1-1-1(37.1/0.3)56
 3着(5)ロワジャルダン4-4-5-5(37.2/0.9)56
17:38.1-38.0-37.1=1'53"2
 1着(8)グレンツェント7-8-6-6(36.7)55
 2着(4)モルトベーネ3-3-3-4(36.9/0.1)56
 3着(14)メイショウウタゲ14-14-9-9(36.7/0.2)56

 中京としては最も時計掛かる年始開催、15年まではそれでいてテンも中盤も36秒台が並んでかなりの消耗戦になっていた。従来は強気に仕掛けたホッコータルマエが0.6差に沈み、グランドシチーが2年続けてキッチリ2着を拾うというレースで、冬の重い砂が"魔物"として快速馬に襲い掛かるのを予想するのが醍醐味だったのだが、ここ2年はすっかり「スローの前残り、或いはキレ勝負」という性質に様変わりしている。
 それでも昨年はスローなのに上がりもかなり掛かって差しが届いており、やはり長い直線+ラスト急坂+この時期の砂(with不凍液)というコラボは、額面以上に相当タフなレースになる可能性は示唆している。となれば、ここは圧倒的1番人気の快速馬・テイエムジンソクが止まって荒れるのを狙う最大のチャンス!…なのだが、しかし「では何が差して来るのか?」という問いに対する答えがなかなか見付からないメンバーではある。
 OPで1・1着、G3で2・1着、そしてG1チャンピオンズC2着と、準OP時代から10戦連続で馬券圏内、特に古川吉騎手に乗り替わってからは6戦パーフェクト連対のテイエムジンソクに対して、前走での馬券圏内すら師走S1着とベテルギウスS2・3着、そして準OP1着しかいないという程度の相手である。しぶしぶ1番人気から買うにしても、割り切って1番人気が勝たない組み合わせで攻めるにしても、いずれも納得感がない。

 力関係の前提としては「テイエムジンソクが抜けている」のだが、予想の部分で「テイエムジンソクを絶対視しない方がいい舞台と条件」という見立てはあり、この二律背反を馬券構築にどう反映させるか。結局はこの舞台と条件にマッチした主力組から入って、テイエムジンソクとの馬連を本線にして、「テイエムジンソクが来ても本線で取れるし、飛べば大きく跳ねる馬券を取れる」というシフトになりそう。
 自身の予想とその的中の有無はもちろんのこと、テイエムジンソクがこの舞台でも勝ち切るのか/ここからG1戦線へ飛翔する新星が現れるのかという結果に関しても、そして明日香キララがアスカノロマンの馬券を幾ら買うのかに関しても、興味が尽きないレースとなりそうだ。

最近の投稿
大阪杯(G1)展望~「2018春のG1パック」のお知らせ
2018年3月28日
春のG1シーズンもいよいよ本番。今週末は古馬中距離の大阪杯が行われ、来週末にはクラシック第1弾桜花賞です。今年のG1予想はフェブラリーSが「◎→○→×」と完璧なスタートを切りましたが、先週の高松宮記念は「消→△→×」と人 […]
1/21(日)中京11R・東海S(G2・ダート1800)展望
2018年1月17日
1/21(日)中京11R・東海S(G2・ダート1800)13:36.0-36.8-38.2=1'51"0 1着(15)グレープブランデー9-8-8-7(37.3)57 2着(9)ナムラタイタン2-2-2-2(38.5/0 […]
朝日杯FS予想のために
2016年12月12日
12/18(日)阪神11R・朝日杯フューチュリティS(2歳G1・芝外1600)展望14:34.9-24.9-36.1=1'35"9稍 1着(2)ダノンプラチナ14-12(35.4)55 2着(6)アルマワイオリ14-12 […]
チャンピオンズC予想のために
2016年12月2日
12/4(日)中京11R・チャンピオンズC(G1・ダート1800)展望14:37.5-37.0-36.5=1'51"0 1着(8)ホッコータルマエ2-2-2-2(36.4)57 2着(4)ナムラビクター5-5-4-4(3 […]
ジャパンC予想のために
2016年11月24日
11/27(日)東京11R・ジャパンC(G1・芝2400)展望12:35.8-36.5-36.1-34.7=2'23"1 1着(15)ジェンティルドンナ2-2-3-6(32.8)53 2着(17)オルフェーヴル12-13 […]
マイルCS予想のために
2016年11月17日
11/20(日)京都11R・マイルCS(G1・芝外1600)展望12:35.0-23.2-34.7=1'32"9稍 1着(1)サダムパテック6-7(34.1)57 2着(7)グランプリボス8-8(34.0/0.0)57  […]
アルゼンチン共和国杯予想のために
2016年11月4日
11/6(日)東京11R・アルゼンチン共和国杯(G2・芝2500)12:29.0-49.6-36.8-34.5=2'29"9 [1着(4)ルルーシュ3-3-2-2(34.5)56] 2着(7)ムスカテール8-9-6-6( […]
天皇賞秋予想のために
2016年10月27日
10/30(日)東京11R・天皇賞秋(G1・芝2000)展望11:34.3-46.0-35.8=1'56"1 1着(12)トーセンジョーダン11-10-11(34.2)58  2着(7)ダークシャドウ7-8-7(34.7 […]
菊花賞予想のために
2016年10月19日
 言うまでもなく、最重要トライアルはG2神戸新聞杯。11・12・13年は神戸新聞杯勝ち馬がそのまま”本番”でも戴冠、14・15年はやや波乱があったがそれでも神戸新聞杯馬券圏内3頭のうち2頭が菊花賞でも馬券に絡んでいる。今 […]
秋華賞予想のために
2016年10月13日
10/16(日)京都11R・秋華賞(3歳G1牝・芝内2000)展望09:34.0-49.0-35.2=1'58"2 5レッドディザイア8-8-5-5、12ブロードストリート14-13-13-14、3ブエナビスタ10-10 […]