新刊カバー画像&目次内容のご紹介

2017年2月1日

 2/17(金)に発売の、新刊「砂にまみれて飯を食う - 午前中に勝ちを決め最終レースで駄目を押す“ダート競馬"の儲け方」(ガイドワークス刊、税込1,782円)。いよいよ、カバー画像解禁です。

 なお既に告知しております通り、本書を2月3日(金)にamazonで予約して頂いた方のみに、フェブラリーSの予想を無料で配信させて頂くキャンペーンを行いますので、詳細はこちら( http://hanwarai.net/newwork/436 )をご覧ください(決して安くはない書籍ですが内容的には十分見合っていると自負していますし、このキャンペーン込みだと出血大サービスのつもりです!)。

 本書の内容は以下の通りです。

 ■はじめに
 ■ダ界地図
 ■第1章 なぜ、ダートなのか?
  ダート戦が儲かる5つの理由 ほか
 ■第2章 ダートで飯を食うには
  ダートコースの7カテゴリー ほか
 ■第3章 JRA28コース完全攻略
 ■第4章 さらに美味い飯を食うために
  深い予想のために合わせて考える“トッピング"要素
 ■あとがき
 ■特別コラム JRAダートG1 ワンポイント攻略

 実は「ダートコースをカテゴライズする」発想や、その位置付けを図示する手法自体は、これまでの著書でも断片的に紹介はしていましたが、本書ではこれを体系的にまとめあげ、かつ最新のデータを加えて、より正確な「ダ界地図」として完成させています。
 そして何より、従来はカテゴライズした上で「ラップを詳しく見る」ことに腐心する内容でしたが、今回は「レースラップを全く見ずとも、予想にラップ分析の要素を織り込める」という発想で構成されています。そしてもちろん、そのうえで更にレースラップを見て探究する、深い予想の助けにもなる内容だと確信しています。

 ちなみに、念のために本書内でも説明しておりますが、本書は決して「必勝法の伝授書」でもなければ、「奇跡の予想連発の自慢記」でもありません。正直なところ、例えば各コース攻略のなかで挙げた「激走条件の該当馬」が、私自身リアルタイムでは見逃していた馬であったり、或いはそもそも予想配信していないレースも相当数含まれています。
 「自身の反省も活かした体系的な研究結果」として書き上げたものですので、そのうえで皆さんにお役立て頂きたい・ご評価頂きたいことを、重ねてお願い申し上げます。